健診に関するよくある質問

オプションについて

マンモグラフィーと乳腺超音波検査はどちらがよいでしょうか?

一般に、20-30歳代の方は、乳腺の密度が高くマンモグラフィーでは詳細に判断できない場合が多いため、乳腺超音波検査を受診し、必要に応じてマンモグラフィーを受診していただくことをお勧めします。
超音波検査をご希望される方は事前に予約が必要となりますのでお問い合わせください。

腫瘍マーカーでガンが分かりますか?

腫瘍マーカーは予備(スクリーニング)検査であり、必ずしも数値が高いからがんがあるわけではありません。数値が高い場合は、二次的な検査が必要になります。
 

検査検査について

検査結果は当日でどの程度わかりますか?

血液検査(一部を除く)、胃のバリウム検査、腹部超音波検査、心電図検査についての説明が可能です。マンモグラフィー、乳腺超音波検査および眼底検査については専門医が読影しますので、後日報告となります。

後日検査について(尿・便・痰・婦人科)

今日持参できなかった検体(便・痰)はどうしたらよいですか?

1週間以内にお持ちいただければ検査可能です。ご持参いただけない場合は未検査となります。検査の精度管理のため、郵送は受付けておりません。

生理中なのですが婦人科は受けられますか?

生理中は正確に細胞が採取できないため、受診はお勧めできません。

生理中なのですが尿と便検査はどうすればよいですか?

検査データに一部異常値出る可能性がありますので、生理を避けての検査をおすすめします。
再検査のご希望があれば、検査当日から1週間以内であれば再検査をいたします。結果は再検査データが報告書に乗ります。
再検査の希望がない場合は、Mの印を入れての報告となります。

レントゲン検査について

1ヶ月前に胸のレントゲンを撮ったばかりですが、今日は撮影をして大丈夫でしょうか?

レントゲンの被爆量は少量で人体に影響はないので大丈夫です。ただしご希望があれば、検査をキャンセルすることができます。胃バリウム検査についても同様です。

授乳中なのですが、乳腺の検査は受けられますか?

授乳中は乳腺が発達しているため、マンモグラフィーよりも乳腺超音波検査をお勧めします。乳腺超音波検査は予約制のため事前にご予約ください。

血液検査(採血)について

食事をしてきてもよいでしょうか?

項目によって異なります。人間ドックを受診の場合は、検査項目によって結果に影響がでる場合がありますので、食事は前日の21時頃までに済ませるようお願いします。

空腹時が良い項目 血糖・HbA1c・脂質代謝・アミラーゼ・糖負荷検査(一泊コース)
制限のないもの 白血球・赤血球・ヘモグロビン・ヘマトクリット・血小板・腎機能・肝機能・感染症・炎症反応

風邪を引いていますが大丈夫ですか?

炎症反応(CRP・RA・ASLO・白血球・血沈)はデータの数値が高くなる可能性があります。

血液検査の項目追加はできますか?

可能です(検査項目によっては一部承っていないものもあります)。

尿検査(採尿)について

朝一番の尿とそうでない尿の場合、検査結果に差がでてきますか?

結果に若干の差がでる可能性があります。

食後に採取することで、影響のでる項目はありますか?

尿糖に影響がでます。

生理で影響する項目は尿潜血と尿沈渣のみでしょうか?

尿蛋白にも影響がでます。

便検査について

便秘薬を飲んで採便した場合、検査に影響はありますか?

特に問題はありません。

生理中の便でも、本人が了承していれば検査は可能ですか?

検査は可能ですが、生理が終わってからもう一度検査する方が望ましいです。

夏場などは便の保管は冷蔵庫など涼しい場所でと案内していますが、ドライアイスでの保存は可能ですか?

ドライアイスでの保存は不可です。保冷材を入れたアイスボックスで保存をして下さい。

古い便でも本人が了承していれば検査は可能ですか?

検査は可能ですが、検査の感度は劣ります。
採便後3日間は検査可能ですが、当クリニックの健診では、健診前日と当日の2日間での採便をお願いしています。採便容器が2本ある場合、日を変えて採便してください。

image