病院概要

名 称 医療法人 成春会 北習志野花輪病院
住 所 千葉県船橋市習志野台2-71-10
電 話 047-462-2112
FAX 047-463-4739
開院日 昭和57年4月15日
構  造 鉄筋4F・鉄筋3F
病  床 147床/急性56療養91
理事長 田中 幹夫(内科・循環器内科)
院  長 根本 昌幸(整形外科)
常勤医

深作 進(副院長・整形外科部長)
藤井 猛土(副院長・内科部長・リウマチ科)
大井川 哲也(内科・循環器内科)
奥山 耕一(外科・透析外科)
鈴木 聡明(内科・消化器内科)
木下 潤一朗(内科・糖尿病内科)
稲見 裕子(内科・腎臓内科)
酒井 健介(整形外科)
若山 貴則(整形外科)
木下 榮一(透析センター・外科・透析外科)

標榜科 整形外科・内科・消化器内科・循環器内科・神経内科・糖尿病内科・呼吸器内科・リウマチ科・外科・消化器外科・透析外科・内視鏡外科・小児科・皮膚科・耳鼻いんこう科・眼科・ リハビリテーション科
人工透析センター30床
人工関節脊椎センター
検査設備等 詳細はこちらをクリックして下さい
併設施設 習志野台地域包括支援センター
花輪ヘルパーステーション
関連クリニック

花輪クリニック
花輪病院附属駅前クリニック

当院の特色

北習志野花輪病院は147床の中小病院ですが、船橋市において50年を超え医療を提供してきた医療法人成春会の本部病院として、急性病院の性格と、増加してきた高齢者への対応を踏まえた慢性病棟を擁する地域の第一線病院として自負しております。人工関節脊椎センターと透析センターを合わせ持ち、ドック健康診断を中心とした船橋駅前フェイスの花輪クリニックと北習志野駅前の花輪病院附属駅前クリニックと機能を分担しながら、地域の先生方のご指導とご協力により今日に至っております。人工透析センターでは永年蓄積したデータと経験、最新の透析機械により外来・入院治療を行っております。人工関節脊椎センターでは関節や腰等の痛みの治療を行っております。特にひざ人工関節置換術は2009年度朝日新聞社調べ関東で3位の手術件数があり、北海道や鹿児島、中国・アメリカより手術を受けに来院頂いております。医療機器は2009年にオープンMRI(0.4T)を導入し、また2010年に16列マルチスライスCT装置に入れ替え診断水準の向上をしております。この他、心臓診断にも活用できるカラードップラーエコー内視鏡等病院としての一応の機器を揃えております。 当会理事の卒業大学との関連もあり、順天堂大学本院・浦安病院などの派遣医師により診療に当たって頂いており、各医局による専門の先生に来ていただき、一般診療をしながらではありますが、患者さんのニーズに応えるべく診療を行なっております。 在宅医療との関連では船橋市に運営委託されている『習志野台地域包括支援センター』と、訪問介護を目的とした『花輪ヘルパーステーション』を併設しております。

北習志野花輪病院 船橋市習志野台2-71-10
人工膝関節置換術(ひざ)|根本昌幸医師のページはこちら
北習志野花輪病院パンフレット|ダウンロードはこちらから

関連施設

  • 花輪クリニック
  • 花輪病院附属駅前クリニック
  • 習志野台地域包括支援センター
  • 花輪ヘルパーステーション

採用情報

成春会職員募集中